コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花コウ斑岩(花崗斑岩) かこうはんがんgranite porphyry

1件 の用語解説(花コウ斑岩(花崗斑岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かこうはんがん【花コウ斑岩(花崗斑岩) granite porphyry】

花コウ岩組成の斑状岩。一般に小規模貫入岩体としてみられる。斑晶としてカリ長石,斜長石,石英,黒雲母などが目立ち,かつ細粒の同様鉱物からなる石基に埋められる岩石にたいして用いられる。斑状花コウ岩,石英斑岩との間に明瞭な一線をひきがたい。結晶化しつつある花コウ岩質マグマが急激に地表近くに貫入して生じる。銅資源として重要な斑岩銅鉱床を伴うことで有名である。【石原 舜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone