コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花御所柿

1件 の用語解説(花御所柿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

花御所柿

鳥取県東部で生産されるカキ。甘柿。大きさは約240g、果肉は繊細で果汁が多く、甘い。天明年間、鳥取県八頭町花の野田五郎助が、伊勢参りの帰りに大和の国(奈良県)から御所柿を持ち帰り、栽培が始まったとされる。「五郎助柿」の名で知られたが、1909年に地名から現名称に改名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花御所柿の関連キーワード新興二十世紀御所柿砂丘ながいもたかきび長良なつひめ西村早生百華鳥取県東伯郡三朝町柿谷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花御所柿の関連情報