コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花茗荷 ハナミョウガ

デジタル大辞泉の解説

はな‐みょうが〔‐めうが〕【花×茗荷】

ショウガ科の常緑多年草。山地に生え、高さ40~60センチ。葉は長楕円形で、互生する。5、6月ごろ、赤い斑のある白花が集まって咲き、広楕円形の実が赤く熟す。種子を漢方で伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)とよび、健胃薬にする。 夏》「病人に一と間を貸しぬ―/立子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなみょうが【花茗荷】

ショウガ科の常緑多年草。暖地の林中に自生。高さ約50センチメートル。葉は広披針形。初夏、紅色の線条のある白色花を穂状につける。果実は球形で赤熟し、伊豆縮砂いずしゆくしやの名で薬用とする。
茗荷の花のこと。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花茗荷 (ハナミョウガ)

学名:Alpinia japonica
植物。ショウガ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

花茗荷の関連キーワード果実初夏自生茗荷穂状線条暖地球形林中紅色