コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鬘 ハナカズラ

デジタル大辞泉の解説

はな‐かずら〔‐かづら〕【花×鬘】

時節の花を糸で連ねて作った挿頭(かざし)。
「漢人(からひと)も筏(いかだ)浮かべて遊ぶといふ今日そ我が背子―せな」〈・四一五三〉
山上に咲きそろった花を1に見立てた語。
「雲のゐる遠山姫の―霞をかけて吹く嵐かな」〈夫木・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花鬘の関連キーワード太田志津香干潟 龍祥六器挿頭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android