コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苔の花 コケノハナ

デジタル大辞泉の解説

こけ‐の‐はな【×苔の花】

スギゴケなどのコケ植物の雄株(おかぶ)にできる雄器(ゆうき)の集まり。花に見立てていう。 夏》「水打てば沈むが如し―/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こけのはな【苔の花】

苔類の胞子体。梅雨の頃、白や薄紫色の胞子を入れた胞子囊を花に見立てていう語。花苔。 [季] 夏。 《 絶え〲に温泉の古道や- /蓼太 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

苔の花の関連キーワード井上 孝胞子体花苔古道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android