コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若林つや わかばやし つや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若林つや わかばやし-つや

1905-1998 昭和-平成時代の小説家。
明治38年11月12日生まれ。静岡県で小学校教師をつとめながら,長谷川時雨(しぐれ)の「女人芸術」に投稿。のち上京し,「輝ク」の編集をへて「日本浪曼(ろうまん)派」などに作品を発表。戦後は同人誌「女人像」により,平成7年55年ぶりに第2作品集「野薔薇(のばら)幻相」を刊行した。平成10年12月5日死去。93歳。静岡県出身。静岡女子師範卒。本名は杉山美都枝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

若林つやの関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命[各個指定]芸能部門ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)多和田葉子平山郁夫[各個指定]工芸技術部門Kiroroエクソンモービル小渕恵三内閣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android