コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中谷孝雄 なかたに たかお

2件 の用語解説(中谷孝雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷孝雄 なかたに-たかお

1901-1995 昭和-平成時代の小説家。
明治34年10月1日生まれ。平林英子の夫。大正14年梶井基次郎らと「青空」を創刊。佐藤春夫に師事。昭和9年自己の青春を素材に,青年期の微妙な心情をつづった「春の絵巻」で注目される。10年「日本浪曼派」創刊に参加。44年「招魂の賦」で芸術選奨。平成7年9月7日死去。93歳。三重県出身。東京帝大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中谷孝雄
なかたにたかお
(1901―1995)

小説家。三重県に生まれる。東京帝国大学独文科中退。1925年(大正14)、旧制三高時代の友人梶井基次郎(かじいもとじろう)らと同人雑誌『青空(あおぞら)』を創刊。のち佐藤春夫の門に入る。34年(昭和9)、ある時代の青春像を描いた『春の絵巻』が、そのじみで着実な筆致と不抜の境地で、高い評価を得た。翌年、保田与重郎(やすだよじゅうろう)らと『日本浪曼(ろうまん)派』を創刊。第二次世界大戦ではニューギニアに出征。『のどかな戦場』(1967)は、この経験を基に描いた異色の戦争文学である。戦後は、円熟した歴史小説『業平(なりひら)系図』(1957~58)、『才女の運命』(1961)など、また、私小説的作品に『梶井基次郎』(1961)、『招魂の賦』(1967。芸術選奨受賞)、『故郷』(1973)、『桂子(けいこ)』(1978)ほか多数ある。91年には俳句雑誌『鈴』を発刊。[沖山明徳]
『『中谷孝雄全集』全四巻(1975~76・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中谷孝雄の関連キーワード重兼芳子三田誠広石和鷹稲見一良小沢清小堺昭三広瀬仁紀三橋一夫横関大今村夏子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中谷孝雄の関連情報