コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中谷孝雄 なかたに たかお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷孝雄 なかたに-たかお

1901-1995 昭和-平成時代の小説家。
明治34年10月1日生まれ。平林英子の夫。大正14年梶井基次郎らと「青空」を創刊佐藤春夫に師事。昭和9年自己の青春を素材に,青年期の微妙な心情をつづった「春の絵巻」で注目される。10年「日本浪曼派」創刊に参加。44年「招魂の賦」で芸術選奨。平成7年9月7日死去。93歳。三重県出身。東京帝大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中谷孝雄
なかたにたかお
(1901―1995)

小説家。三重県に生まれる。東京帝国大学独文科中退。1925年(大正14)、旧制三高時代の友人梶井基次郎(かじいもとじろう)らと同人雑誌『青空(あおぞら)』を創刊。のち佐藤春夫の門に入る。34年(昭和9)、ある時代の青春像を描いた『春の絵巻』が、そのじみで着実な筆致と不抜の境地で、高い評価を得た。翌年、保田与重郎(やすだよじゅうろう)らと『日本浪曼(ろうまん)派』を創刊。第二次世界大戦ではニューギニアに出征。『のどかな戦場』(1967)は、この経験を基に描いた異色の戦争文学である。戦後は、円熟した歴史小説『業平(なりひら)系図』(1957~58)、『才女の運命』(1961)など、また、私小説的作品に『梶井基次郎』(1961)、『招魂の賦』(1967。芸術選奨受賞)、『故郷』(1973)、『桂子(けいこ)』(1978)ほか多数ある。91年には俳句雑誌『鈴』を発刊。[沖山明徳]
『『中谷孝雄全集』全四巻(1975~76・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中谷孝雄の関連キーワード梶井 基次郎若林 つや保田与重郎平林 英子外村 繁外村繁

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android