コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野薔薇/野茨 ノイバラ

デジタル大辞泉の解説

の‐いばら【野薔薇/野茨】

バラ科の落葉小低木。原野や河岸に自生し、やや蔓(つる)状で、茎に鋭いとげがある。葉は楕円形の小葉からなる羽状複葉。初夏、香りのある白色や淡紅色の5弁花が咲く。実は赤く熟し、漢方で営実(えいじつ)といい瀉下(しゃか)・利尿薬に用いられる。のばら。うばら。いばら 花=夏》

の‐ばら【野薔薇】

ノイバラの別名。また一般に、野生のバラ。 花=夏 実=秋》
[補説]作品名別項。→野ばら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

野薔薇 (ノウバラ・ノバラ)

植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物,薬用植物。ノイバラの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

野薔薇/野茨の関連キーワードバラ(薔薇)小川 未明若林 つや小川未明若林つや東宝劇団

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android