コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若虫 わかむしnymph

翻訳|nymph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若虫
わかむし
nymph

ニンフともいう。バッタやゴキブリのような不完全変態をする昆虫幼生をいう。完全変態をする昆虫の「幼虫」と区別して使う。カゲロウ類 (前変態類) は水生の若虫のあと有翅の若虫 (亜成虫) 期を経て成虫になるが,他のものは,若虫の最終期を終えて成虫になる。陸生の若虫に対して,トンボ,カワゲラなどの水生の幼生をナイアド naiadと呼ぶことがある。それはこれらの昆虫の変態が異なる環境へ変ることも含むより複雑なものだからである。ナイアドは,気管鰓など水生に適した種々の器官をもち,最終齢期後,水から出て定位し,最後の脱皮 (羽化) で有翅の成虫となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若虫
わかむし
nymph

不完全変態をする昆虫、たとえばトンボ、バッタ、セミなどの幼期をいう。昆虫の幼期は普通、幼虫larvaとよばれるが、完全変態をする昆虫の幼期と区別が必要なときに用いられ、ニンフともいう。完全変態の場合には幼虫は一般に成虫と形態が著しく異なっており、はねの原基(芽)が外部からまったく見えないが、若虫では成長するにしたがって中・後胸背面の後縁両側が後方へ突き出し、脱皮するたびに伸びて大きくなる。これがはねの芽で、最後の脱皮で蛹(よう)期を経ないで成虫になると、はねに成長する。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の若虫の言及

【幼虫】より

…昆虫をはじめとした陸上節足動物の幼生の総称。狭義には完全変態昆虫の卵とさなぎの間の時期をさし,不完全変態昆虫の卵と成虫の間の時期は若虫nymphという。英語の対応する語にlarvaがあるが,これはすべての無脊椎動物の幼生および変態をする脊椎動物の成体の前の世代(オタマジャクシなど)の総称であり,幼虫のみをさすのではない。…

※「若虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若虫の関連キーワードツノカメムシ(角亀虫)ヒラタグモ(扁蜘蛛)ツツガムシ(恙虫)ハナグモ(花蜘蛛)サヤアシニクダニアカツツガムシクロアナバチ幼若ホルモンコウモリダニツツガムシサトウダニヒゼンダニミズダニ類イヌ糸状虫カニムシ類蜉蝣・蜻蛉トゲダニミズダニコナダニアリグモ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android