茂山千之丞(読み)しげやま せんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山千之丞 しげやま-せんのじょう

1923-2010 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
大正12年10月14日生まれ。3代茂山千作の次男。4代茂山千作の弟。大蔵流。兄との呼吸のあった舞台で知られる。武智鉄二演出の舞台をはじめとして歌舞伎,新劇にも出演するなど,幅ひろく活躍。平成9年芸術選奨文部大臣賞。10年松尾芸能賞優秀賞。平成22年12月4日死去。87歳。京都府出身。大阪高商(現大阪市立大)中退。本名は政次。著作に「狂言役者―ひねくれ半代記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

茂山千之丞【しげやませんのじょう】

大蔵流,能楽狂言方。京都府出身。三代茂山千作の次男。旧制大阪商業高校(現大阪市立大学)中退。伝統にとらわれない狂言師として,TVドラマや映画に出演,舞台でも女優や歌舞伎俳優と積極的に共演。舞台の代表作に木下順二作《夕鶴》の与ひょう役がある。梅原猛の《スーパー狂言》三部作の演出もてがけた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android