茂山千之丞(読み)しげやま せんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山千之丞 しげやま-せんのじょう

1923-2010 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
大正12年10月14日生まれ。3代茂山千作の次男。4代茂山千作の弟。大蔵流。兄との呼吸のあった舞台で知られる。武智鉄二演出の舞台をはじめとして歌舞伎,新劇にも出演するなど,幅ひろく活躍。平成9年芸術選奨文部大臣賞。10年松尾芸能賞優秀賞。平成22年12月4日死去。87歳。京都府出身。大阪高商(現大阪市立大)中退。本名は政次。著作に「狂言役者―ひねくれ半代記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

茂山千之丞【しげやませんのじょう】

大蔵流,能楽狂言方。京都府出身。三代茂山千作の次男。旧制大阪商業高校(現大阪市立大学)中退。伝統にとらわれない狂言師として,TVドラマや映画に出演,舞台でも女優や歌舞伎俳優と積極的に共演。舞台の代表作に木下順二作《夕鶴》の与ひょう役がある。梅原猛の《スーパー狂言》三部作の演出もてがけた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android