コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂木佐平治(3代) もぎ さへいじ

2件 の用語解説(茂木佐平治(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂木佐平治(3代) もぎ-さへいじ

1729-1807 江戸時代後期の醤油(しょうゆ)醸造家。
享保(きょうほう)14年生まれ。下総(しもうさ)野田(千葉県)の人。天明2年(1782)醤油醸造をはじめ,亀甲万(きっこうまん)を印とした。文化4年7月18日死去。79歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

茂木佐平治(3代)

没年:文化4.7.18(1807.8.21)
生年:享保14(1729)
江戸中・後期の醤油醸造家。下総国野田町(千葉県野田市)生まれ。茂木佐平治家は当初は穀物商だったが,天明2(1782)年に醤油醸造業を開始,やがて亀甲萬(キッコーマン)を本印とした。資産を蓄え,領主(旗本松平勘太郎)の 奥向賄金 の用立を引き受けるに至った。 この家は以降も常に野田で最有力の造醤油家の一角を占め続け,4代目の天保9(1838)年には幕府御用醤油造の下命があった。また4代目,5代目は地代官をも務めた。大正6(1917)年に茂木・高梨一族8家の合同により今日のキッコーマン株式会社の前身である野田醤油株式会社が結成されたときは,統一の商標としてこの佐平治家の商標が採用され,今日に至っている。<参考文献>『野田醤油三十五年史』,市山盛雄『野田の醤油史』

(井奥成彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

茂木佐平治(3代)の関連キーワード茂木佐平治(3代)学問源流並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone