コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木猪之吉 いばらぎ いのきち

1件 の用語解説(茨木猪之吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木猪之吉 いばらぎ-いのきち

1888-1944 大正-昭和時代前期の画家。
明治21年5月1日生まれ。浅井忠,中村不折にまなぶ。小島烏水(うすい)らと登山をかさね,「山岳」や烏水の著作に挿絵をかく。昭和11年日本山岳画協会を設立。昭和19年10月2日穂高岳にむかい消息をたった。57歳。静岡県出身。神奈川県立第一中学中退。旧姓は影山。著作に「山旅の素描」「山の画帖」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

茨木猪之吉の関連キーワードもの派ウィルヘルム水成岩名古屋(市)沖縄戦カリブ文学直木賞ウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone