コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木猪之吉 いばらぎ いのきち

1件 の用語解説(茨木猪之吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木猪之吉 いばらぎ-いのきち

1888-1944 大正-昭和時代前期の画家。
明治21年5月1日生まれ。浅井忠,中村不折にまなぶ。小島烏水(うすい)らと登山をかさね,「山岳」や烏水の著作に挿絵をかく。昭和11年日本山岳画協会を設立。昭和19年10月2日穂高岳にむかい消息をたった。57歳。静岡県出身。神奈川県立第一中学中退。旧姓は影山。著作に「山旅の素描」「山の画帖」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

茨木猪之吉の関連キーワード大森研造鹿熊久安川島立男小林寛治佐藤実志賀山せい(6代)杉村鎮夫鈴木ひでる西健望月重雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone