コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木猪之吉 いばらぎ いのきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木猪之吉 いばらぎ-いのきち

1888-1944 大正-昭和時代前期の画家。
明治21年5月1日生まれ。浅井忠,中村不折にまなぶ。小島烏水(うすい)らと登山をかさね,「山岳」や烏水の著作に挿絵をかく。昭和11年日本山岳画協会を設立。昭和19年10月2日穂高岳にむかい消息をたった。57歳。静岡県出身。神奈川県立第一中学中退。旧姓は影山。著作に「山旅の素描」「山の画帖」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

茨木猪之吉の関連キーワードチェーホフ内閣総理大臣カミュスタージェスもの派レジスタンス文学Wilhelmウィルヘルムプルジェワリスキー水成岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android