コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木童子 イバラキドウジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木童子 いばらきどうじ

伝説に登場する鬼。
酒呑(しゅてん)童子の手下。都をあらしまわり,源頼光(よりみつ)四天王のひとり渡辺綱に羅生門(らしょうもん)(一説に一条戻橋)で片腕を切断される。のち綱の伯母にばけて腕をとりもどす。類似の話は古くからあるが,茨木童子の名は天和(てんな)元年(1681)の「前太平記」が初出。長唄や歌舞伎の「茨木」で知られる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

茨木童子

日本の伝承上の鬼。平安時代に京都付近で暴れまわったとされる酒呑童子の手下。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いばらきどうじ【茨木童子】

羅生門で渡辺綱に切り落とされた片腕を、綱のおばに化けて奪い返したという鬼。酒吞童子の配下という。歌舞伎舞踊「茨木」は、この伝説を脚色したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

茨木童子の関連キーワード歌舞伎舞踊本田愛美柴田是真配下おば綱館

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨木童子の関連情報