茶利(読み)チャリ

デジタル大辞泉の解説

ちゃり【茶利】

動詞「茶(ちゃ)る」の連用形から。「茶利」は当て字
おどけた、こっけいな文句や動作。また、冗談。
「―ばかり言わで」〈一葉にごりえ
人形浄瑠璃歌舞伎で、こっけいな演技・演出。また、茶利場(ちゃりば)のこと。
操り人形の首(かしら)で、こっけいな面相のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃり【茶利】

〔動詞「ちゃる(茶)」の連用形から〕
滑稽な文句や身振り。滑稽。おどけ。冗談。 「 -ばかり言はで少し真実の処を聞かしてくれ/にごりえ 一葉
人形浄瑠璃で、笑劇的な滑稽な演技・演出。主に男女間の卑猥ひわいな文句が多い。
文楽人形の首かしら名の一。三枚目の首。リチャ。
「茶利場ちやりば」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃり【茶利】

〘名〙 (動詞「ちゃる(茶)」の連用形の名詞化で「茶利」はあて字か)
① こっけいな文句または動作。こっけい。おどけ。
浮世草子・棠大門屋敷(1705)五「むいきの長八、ちゃりの八平、腕の三蔵」
② 浄瑠璃や歌舞伎で、こっけいなせりふや演技のある段や場面。また、そのせりふや演技。茶利場
※談義本・地獄楽日記(1755)四「きゃつも訛があって聞きにくく小猫太夫もちゃりはよけれど」
③ 「ちゃりやく(茶利役)」の略。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android