コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶利 チャリ

デジタル大辞泉の解説

ちゃり【茶利】

動詞「茶(ちゃ)る」の連用形から。「茶利」は当て字
おどけた、こっけいな文句や動作。また、冗談。
「―ばかり言わで」〈一葉にごりえ
人形浄瑠璃歌舞伎で、こっけいな演技・演出。また、茶利場(ちゃりば)のこと。
操り人形の首(かしら)で、こっけいな面相のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃり【茶利】

〔動詞「ちゃる(茶)」の連用形から〕
滑稽な文句や身振り。滑稽。おどけ。冗談。 「 -ばかり言はで少し真実の処を聞かしてくれ/にごりえ 一葉
人形浄瑠璃で、笑劇的な滑稽な演技・演出。主に男女間の卑猥ひわいな文句が多い。
文楽人形の首かしら名の一。三枚目の首。リチャ。
「茶利場ちやりば」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶利の関連キーワード長谷川勘兵衛(11代)長坂信政茶利語り文楽人形榷貨務ちゃり身振り登山靴三枚目茶利場チャリ半道敵文句

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android