コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草場允文 くさば いんぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草場允文 くさば-いんぶん

1715-1753 江戸時代中期の書家。
正徳(しょうとく)5年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。書を草場居敬にまなび,婿養子となる。延享4年長門赤間関,周防(すおう)(山口県)上関(かみのせき)に出張して朝鮮通信使と筆談した。宝暦3年8月2日死去。39歳。本姓柳田。通称は平蔵。号は仲山。著作に「長門戊辰問槎(ぼしんもんさ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

草場允文の関連キーワード草場大麓草場仲山正徳書家

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android