コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草蘇鉄 クサソテツ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐そてつ【草×蘇鉄】

オシダ科の多年生のシダ。山野林中に生える。葉は根元から群がって出て長さ約1メートルになり、羽状に深く裂けている。春に出るぜんまい状の若葉食用雁足(がんそく)。こごみ。こごめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさそてつ【草蘇鉄】

オシダ科の夏緑性シダ植物。山中に群生する。長さ約70センチメートルの二回羽状葉が束生し、秋、葉の中心から胞子葉が出る。若葉をコゴミと呼び、食用にする。コゴミ。ガンソク。ニワソテツ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草蘇鉄 (クサソテツ)

学名:Matteuccia struthiopteris
植物。オシダ科の落葉多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

草蘇鉄の関連キーワードガンソクコゴミ鴈足

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android