コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草鹿任一 くさかじんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草鹿任一
くさかじんいち

[生]1888.12.7. 石川
[没]1972.8.24. 東京
海軍軍人。 1909年海軍兵学校,21年海軍大学校卒業。『扶桑艦長,砲術学校長,第1航空戦隊司令官などを歴任。 40年中将。 41年海軍兵学校校長,42年第 11航空艦隊司令長官。 42年南東方面司令長官。人格高潔な指揮官として最も困難な戦局に部下を統率し,太平洋戦争終了にいたるまでラバウル要塞の籠城完遂,十数万の将兵を復員させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草鹿任一 くさか-じんいち

1888-1972 明治-昭和時代前期の軍人。
明治21年12月7日生まれ。支那方面艦隊参謀長,海軍兵学校校長などをへて,昭和17年南東方面艦隊長官。海軍中将。18年基地ラバウルが連合軍に包囲され,終戦まで現地で籠城(ろうじょう)した。戦後は遺族の援助,遺骨収集などにつくす。昭和47年8月24日死去。83歳。石川県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草鹿任一の関連キーワード草鹿外吉明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android