コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草鹿任一 くさかじんいち

2件 の用語解説(草鹿任一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草鹿任一
くさかじんいち

[生]1888.12.7. 石川
[没]1972.8.24. 東京
海軍軍人。 1909年海軍兵学校,21年海軍大学校卒業。『扶桑』艦長,砲術学校長,第1航空戦隊司令官などを歴任。 40年中将。 41年海軍兵学校校長,42年第 11航空艦隊司令長官。 42年南東方面司令長官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草鹿任一 くさか-じんいち

1888-1972 明治-昭和時代前期の軍人。
明治21年12月7日生まれ。支那方面艦隊参謀長,海軍兵学校校長などをへて,昭和17年南東方面艦隊長官。海軍中将。18年基地ラバウルが連合軍に包囲され,終戦まで現地で籠城(ろうじょう)した。戦後は遺族の援助,遺骨収集などにつくす。昭和47年8月24日死去。83歳。石川県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

草鹿任一の関連キーワード小松輝久五十嵐鉄伊東太郎小林寛治杉村鎮夫永見俊徳原口徠藤井達也桃井直幹森連

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone