コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊妻 ケイサイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐さい【×荊妻】

自分の妻をへりくだっていう語。愚妻。
「あれはね私の妻子ですんだ。―と豚児共ですよ」〈有島或る女
[補説]後漢の梁鴻(りょうこう)の妻孟光(もうこう)が荊(いばら)のかんざしを挿したという皇甫謐「列女伝」の故事から。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいさい【荊妻】

〔皇甫謐こうほひつ「列女伝」より。後漢、梁鴻りようこうの妻、孟光もうこうがいばらのかんざしをさした故事から〕
自分の妻をへりくだっていう語。愚妻。 「僕-と共に貴国に航して/花柳春話 純一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone