コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或る女 あるおんな

8件 の用語解説(或る女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

或る女
あるおんな

有島武郎長編小説。 1911~19年発表。国木田独歩の最初の妻佐々城信子をモデルに,女主人公早月葉子の奔放な生を描く。美貌と才知に恵まれた葉子は,日清戦争前後の浪漫主義高揚期に,多感な情熱の促すままに封建的な環境と衝突しながら自己の生き方を貫こうとし,敗れてゆく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あるおんな〔あるをんな〕【或る女】

有島武郎(ありしまたけお)の長編小説。大正8年(1919)刊。自我に目覚めた女、早月葉子(さつきようこ)が、旧弊な周囲に反抗して奔放に生き、ついに自滅する姿を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

或る女【あるおんな】

有島武郎の長編小説。1911年―1913年《白樺》に《或る女のグリンプス》として前編を連載,1919年《或る女》として前後編を刊行。近代的自我に目ざめ因襲と既成道徳に反抗する早月葉子は,詩人木部と自由結婚するが離婚,そののち野性的な倉地三吉と同棲(せい),心身の傷を深め,自己の生の誤りに気づきながら死ぬ。
→関連項目白樺派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

或る女

1942年公開の日本映画。監督:渋谷実、脚本:池田忠雄、津路嘉郎、撮影:森田俊保。出演:田中絹代佐野周二、若水絹子、木暮実千代三宅邦子河村黎吉、徳大寺伸ほか。

或る女

1954年公開の日本映画。監督:豊田四郎、原作:有島武郎、脚色:八住利雄、美術:木村威夫。出演:京マチ子、夏川静江、馬淵なほみ、若尾文子芥川比呂志、沼田曜一、船越英二ほか。第9回毎日映画コンクール美術賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あるおんな【或る女】

有島武郎の長編小説。前編は1911‐13年(明治44‐大正2)《白樺》に連載した《或る女のグリンプス》を19年改稿したもの,後編は19年書き下ろした。主人公早月葉子(さつきようこ)は強烈な自我の持主で,因襲と束縛を断ち切って生きようとする新しい女であるが,生の源泉を男性にだけ求めようとし,経済的にも男性に頼る女性である。彼女は20世紀初頭の日本の現実の中で,その矛盾を切り裂くようにして激しく生きるが,その挫折から生の喜びの絶頂までの過程,そして破滅に至る道筋が執拗に描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あるおんな【或る女】

小説。有島武郎作。1919年(大正8)刊。自我に目覚めた明治の新しい女性早月葉子が、現実生活の中で生きる方向を失い、苦悩する姿を重厚なリアリズムで描いた作者の代表作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

或る女
あるおんな

有島武郎(たけお)の長編小説。前後編2冊。前編の初稿『或る女のグリンプス』は、1911年(明治44)1月から1913年(大正2)3月まで『白樺(しらかば)』に断続的に連載。のちに改題して、徹底的な改稿がなされ、1919年3月『有島武郎著作集』第8集として叢文閣(そうぶんかく)より刊行。続いて後編が書き下ろされ、同年6月刊行の第9集に収める。国木田独歩の前妻佐々城信子(ささきのぶこ)をモデルに、主人公早月(さつき)葉子を仮構して作者の「人生の可能」(広告文)を追求した作品。かつて木部孤(きべこきょう)との恋愛結婚に失敗した葉子は、周囲の者が決めた在米中の許嫁(いいなずけ)のもとに向かう。その船中で、野性的な事務長倉地の情熱にひかれ、本能の赴くままに彼に身を任せてしまった。アメリカに上陸せずに帰国した彼女は、世間的な指弾を受け、彼らの生活は社会から隔絶したものとなる。そこに営まれた情愛の世界も、しかし永続せず、倉地がスパイ行為を働くようになり、葉子も健康を害して、崩壊してしまう。1人病室のなかで、葉子は死の影と戦い、ついには悲痛な叫びを残して、その生を閉じる。内部の衝動のままに生きたがゆえに孤立し、それでも止(や)むことなく生きようとした人間の姿が悲劇的に描かれ、また前編に顕著な対社会的な問題意識もみられ、「日本のリアリズム文学の最高作品」(本多秋五)と評される作品である。[山田俊治]
『『或る女』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・新潮文庫) ▽西垣勤著『有島武郎論』(1971・有精堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

或る女の関連キーワード有島生馬里見弴森雅之有島中編小説長編小説城塞華の棺有島記念館有島武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

或る女の関連情報