コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒唐 コウトウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐とう〔クワウタウ〕【荒唐】

[名・形動]《「荒」も「唐」も大きく、広い意》言うことに根拠がなく、とりとめのないこと。また、そのさま。
「斯(かか)る―無責任なる言議は等閑に附しがたければ」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうとう【荒唐】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
話や考えによりどころがなく、とりとめのない・こと(さま)。荒誕。妄誕もうたん。 「 -の言」 「一言一行…空漠-に渉る者なし/雪中梅 鉄腸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荒唐の関連キーワードボーモント(Sir Francis Beaumont)ブズルグ・ブン・シャフリヤール桜井和泉太夫(1世)エミリオ アンバース北北西に進路を取れBE FREE!シャイヨーの狂女一刀斎は背番号6ピクセレクール諸道聴耳世間猿スペースオペラウィリアムスンダーティハリースキュデリー一千一秒物語三一致の法則南蛮寺興廃記歌舞妓事始ヘイウッドフレミング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒唐の関連情報