コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等閑 トウカン

デジタル大辞泉の解説

とう‐かん【等閑】

物事を軽くみて、いいかげんに扱うこと。なおざり。
「注意を―にしようわけはないので」〈鏡花婦系図

なおざり〔なほざり〕【等閑】

[形動][文][ナリ]
いいかげんにしておくさま。本気でないさま。おろそか。「等閑な練習態度」「子供のしつけを等閑にする」
ほどほどで、あっさりしているさま。
「よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも―なり」〈徒然・一三七〉
[用法]なおざり・ないがしろ――「学業をなおざり(ないがしろ)にする」ように、いいかげんにする意では相通じて用いられる。◇「なおざり」は、きちんとすべきことを手を抜いていいかげんにするさまをいう。「なおざりに聞き流す」「なおざりにできない問題」◇「ないがしろ」は大切にすべきものを粗略に扱う、また無視するさまをいう。「親をないがしろにする」のように用いる。◇類似の語「ゆるがせ」は「なおざり」と同じく、手を抜いておろそかにするさま。「一刻もゆるがせにできない」のように用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかん【等閑】

物事の扱いをいい加減にすること。注意を払わないこと。なおざり。 「 -にする」 「青春の月日を-に過す/思出の記 蘆花
[句項目] 等閑に付す

なおざり【等閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
真剣でないこと。いいかげんにして、放っておくこと。また、そのさま。 「商売を-にする」
深く心にとめないこと。あっさりしていること。また、そのさま。 「よき人は…興ずるさまも-なり/徒然 137

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

等閑の関連キーワードボア(Yve芸術論覚え書花園天皇日記花園天皇宸記実に実にし付す・附す労働価値説学力テストタラントロッビア宮沢賢治ガロアスエズ等閑視馮夢竜産養ひ過剰荒唐蔑ろ物事

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等閑の関連情報