コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等閑 トウカン

4件 の用語解説(等閑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐かん【等閑】

物事を軽くみて、いいかげんに扱うこと。なおざり。
「注意を―にしようわけはないので」〈鏡花婦系図

なおざり〔なほざり〕【等閑】

[形動][文][ナリ]
いいかげんにしておくさま。本気でないさま。おろそか。「等閑な練習態度」「子供のしつけを等閑にする」
ほどほどで、あっさりしているさま。
「よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも―なり」〈徒然・一三七〉
[用法]なおざり・ないがしろ――「学業をなおざり(ないがしろ)にする」のように、いいかげんにする意では相通じて用いられる。◇「なおざり」は、きちんとすべきことを手を抜いていいかげんにするさまをいう。「なおざりに聞き流す」「なおざりにできない問題」◇「ないがしろ」は大切にすべきものを粗略に扱う、また無視するさまをいう。「親をないがしろにする」のように用いる。◇類似の語「ゆるがせ」は「なおざり」と同じく、手を抜いておろそかにするさま。「一刻もゆるがせにできない」のように用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかん【等閑】

物事の扱いをいい加減にすること。注意を払わないこと。なおざり。 「 -にする」 「青春の月日を-に過す/思出の記 蘆花
[句項目]

なおざり【等閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
真剣でないこと。いいかげんにして、放っておくこと。また、そのさま。 「商売を-にする」
深く心にとめないこと。あっさりしていること。また、そのさま。 「よき人は…興ずるさまも-なり/徒然 137

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

等閑の関連情報