コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妄誕 ボウタン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐たん〔バウ‐〕【妄誕】

[名・形動]言うことに根拠のないこと。また、その話。もうたん。
「敢えて―無稽をとがめず」〈逍遥小説神髄

もう‐たん〔マウ‐〕【妄誕】

[名・形動]ぼうたん(妄誕)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうたん【妄誕】

もうたん【妄誕】

〔「妄」 「誕」ともにいつわりの意〕
でたらめ。ぼうたん。 「 -の説」 「其の言の-なるを知得するの幸福を得たりき/緑簑談 南翠

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

妄誕の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙知得荒唐倦厭南翠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android