コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木与次兵衛 あらきよじべえ

1件 の用語解説(荒木与次兵衛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あらきよじべえ【荒木与次兵衛】

歌舞伎俳優。初世は生没年不詳だが1707年(宝永4)までは生存を確認できる。立役。父は道外方(どうけがた)斎藤与五郎。延宝から元禄にかけて京坂劇壇を代表する役者の一人で,堀江芝居を開発し,長く座本も勤めた。武道事を得意とし,手負事,太刀打,実事,拍子事にすぐれていたが,濡れ事やつし事は不評であった。元禄期には古風とされる。当り役《非人敵討》など。その後,宝暦期まで5世を数えるが,名跡をついだのみで,名優はいない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荒木与次兵衛の関連キーワード呉道玄張芝市川左団次歌舞伎子歌舞伎役者沢村田之助中村歌右衛門中村富十郎名題下成田屋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone