コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木与次兵衛 あらきよじべえ

世界大百科事典 第2版の解説

あらきよじべえ【荒木与次兵衛】

歌舞伎俳優。初世生没年不詳だが1707年(宝永4)までは生存を確認できる。立役。父は道外方(どうけがた)斎藤与五郎。延宝から元禄にかけて京坂劇壇を代表する役者の一人で,堀江芝居を開発し,長く座本も勤めた。武道事を得意とし,手負事,太刀打,実事,拍子事にすぐれていたが,濡れ事やつし事は不評であった。元禄期には古風とされる。当り役は《非人敵討》など。その後,宝暦期まで5世を数えるが,名跡をついだのみで,名優はいない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

荒木与次兵衛の関連キーワード竹島幸左衛門(初代)上村吉弥(2代)吉川多門(1)金子六右衛門竹島幸左衛門大山儀右衛門敵討襤褸錦鶊山姫捨松荒木武兵衛荻野沢之丞谷島主水心中物続狂言際物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android