コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒野の呼び声 コウヤノヨビゴエ

3件 の用語解説(荒野の呼び声の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうやのよびごえ〔クワウヤのよびごゑ〕【荒野の呼び声】

《原題The Call of the Wildロンドン長編小説。1903年刊。ペットとして飼われていた犬が、さらわれてそり犬になり、やがて野性にかえっていく姿を描く。1908年のD=W=グリフィス監督による作品以降、数度の映画化があり、日本ではアニメ化もされている。別邦題「野性の呼び声」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荒野の呼び声【こうやのよびごえ】

J.ロンドンの小説。《The Call of the Wild》。1903年刊。飼犬バックアラスカへ連れて行かれ,そり犬として働くが,野性に帰ってオオカミの群の首領として活躍する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒野の呼び声
こうやのよびごえ
The Call of the Wild

アメリカの作家ジャックロンドンの長編小説。1903年刊。『野性の呼び声』の邦題もある。カリフォルニアの富豪に飼われ満ち足りた生活をしていた犬のバックは、ユーコン川地方に連れて行かれ、そりを引かされるが、競争相手や寒さや飢えと闘ううちに、原始の本性に目覚め、飼い主の死後、人間とのきずなを断ってオオカミの群れに加わり、その首領となる。この物語は作者の文学的技術の優秀さを示すばかりでなく、冒険とヒロイズムロマンチックな要素に富み、原始性、遺伝性、環境の改善などが中心テーマで、動物の物語であると同時に人間の物語と考えることもできる。この作品によってロンドンの文名は確立された。[板津由基郷]
『岩田欣三訳『荒野の呼び声』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒野の呼び声の関連キーワードCommander of the Order of the British EmpireKnight Grand Cross of the Order of the British Empire《The Art of the Moving Picture》《The Coming of the Golden Age》international map of the world on the million scale《The International Relations of the Chinese Empire》Society for the Propagation of the Gospel in foreign partsSenate of the Inns of Court and the Bar《The Lost World of the Kalahari》United Nations Conference on the Law of the Sea

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒野の呼び声の関連情報