荘司・庄司(読み)しょうじ

大辞林 第三版の解説

しょうじ【荘司・庄司】

荘官」に同じ。また、特に荘官のうち、下司げしをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐じ シャウ‥【荘司・庄司】

〘名〙 荘園領主から任命され、荘園を管理し、荘園内の一切の雑務をつかさどった役人。荘官。荘のつかさ。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)三月・造石山寺所牒「造石山寺所牒 坂田庄司」
※平家(13C前)五「畠山の庄司重能〈略〉大番役にて、おりふし在京したりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android