コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅搔 すががき

世界大百科事典 第2版の解説

すががき【菅搔】

日本音楽の用語。いくつかの種目で,さまざまに用いられる。清搔,菅垣とも書く。まず雅楽では,和琴(わごん)の基本的な手法を菅搔という。すなわち琴軋(ことさき)によって,6本の弦全部を一気に撥弦(はつげん)するもので,向こうから手前に引く順搔と,手前から向こうに撥弦する逆搔とがある。また,御神楽(みかぐら)で何度も繰り返して奏される和琴の音型をも菅搔という。唐楽の箏にも同名の手法がある。ただし,閑搔(しずがき)と早搔(はやがき)の併称とする立場と,止手(とめで)などで奏する特定の技法を指呼する立場とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android