コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅搔 すががき

1件 の用語解説(菅搔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すががき【菅搔】

日本音楽の用語。いくつかの種目で,さまざまに用いられる。清搔,菅垣とも書く。まず雅楽では,和琴(わごん)の基本的な手法を菅搔という。すなわち琴軋(ことさき)によって,6本の弦全部を一気に撥弦(はつげん)するもので,向こうから手前に引く順搔と,手前から向こうに撥弦する逆搔とがある。また,御神楽(みかぐら)で何度も繰り返して奏される和琴の音型をも菅搔という。唐楽の箏にも同名の手法がある。ただし,閑搔(しずがき)と早搔(はやがき)の併称とする立場と,止手(とめで)などで奏する特定の技法を指呼する立場とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅搔の関連キーワード荻江節新日本音楽箏曲抜頭大和楽混成競技合する日本音楽鳧鐘マザーファクトリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone