コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶松勝左衛門 けいまつ しょうざえもん

2件 の用語解説(慶松勝左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶松勝左衛門 けいまつ-しょうざえもん

1876-1954 明治-昭和時代の薬学者。
明治9年9月21日生まれ。満鉄中央試験所長をへて,大正11年東京帝大教授。大豆製油法,石炭の低温乾留,サルバルサンの工業化などの研究で知られる。のち日本薬学会会頭,参議院議員などをつとめた。昭和29年1月28日死去。77歳。京都出身。東京帝大卒。著作に「製薬化学図譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶松勝左衛門
けいまつしょうざえもん
(1876―1954)

薬学者。京都生まれ。東京大学薬学科出身。薬学博士。内務省技師を経て、日露戦争後の1908年(明治41)満州(中国東北部)の衛生改善、資源開発のため満鉄中央試験所長となり、ベルリン工科大学教授ホルデDavid Holde (1864―1938)に製油法を学び、大豆油工業をおこす。有機ヒ素剤サルバルサンの工業化を図り、またドイツから装置を導入して撫順(ぶじゅん)炭、頁岩(けつがん)の低温乾留研究に没頭した。液体燃料工業の先駆である。1922年(大正11)東大教授に就任し、薬品製造学講座の体系を確立し、東大薬学振興会の設立に尽力した。日本薬学会会頭、貴族院議員、参議院議員などを歴任。著書に『製薬化学図譜』(1927)ほかがある。[根本曽代子]
『根本曽代子編『慶松勝左衛門伝』(1974・広川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶松勝左衛門の関連キーワード落合英二近藤平三郎伊藤四十二上尾庄次郎恩田重信清水藤太郎辰野高司富田真雄村山義温森島庫太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone