コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼定実 すがぬま さだざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定実 すがぬま-さだざね

1626-1691 江戸時代前期の武士,茶人。
寛永3年生まれ。菅沼定芳(さだよし)の次男。幕府の交代寄合衆。兄定昭(さだあきら)の没後,家名をつぎ,三河(愛知県)新城で7000石を領した。茶の湯を山田宗徧(そうへん)にまなび,その所蔵の茶器をおおくおくられている。元禄(げんろく)4年11月4日死去。66歳。通称は主水。号は四方庵,常翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅沼定実の関連キーワードインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世オーブリー弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android