コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼定実(読み)すがぬま さだざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定実 すがぬま-さだざね

1626-1691 江戸時代前期の武士,茶人。
寛永3年生まれ。菅沼定芳(さだよし)の次男。幕府の交代寄合衆。兄定昭(さだあきら)の没後,家名をつぎ,三河(愛知県)新城で7000石を領した。茶の湯を山田宗徧(そうへん)にまなび,その所蔵の茶器をおおくおくられている。元禄(げんろく)4年11月4日死去。66歳。通称は主水。号は四方庵,常翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例