コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池温泉 きくちおんせん

3件 の用語解説(菊池温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池温泉
きくちおんせん

熊本県北部,菊池市菊池川上流に近い温泉。泉質は弱アルカリ性単純泉。泉温は 42~47℃で,湯量は多い。中世起源の菊池氏城下町で,1954年に温泉が湧出して温泉地区となった。温泉場に接して菊池氏を祀る菊池神社など史跡も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

菊池温泉

熊本県菊池市にある温泉地。泉質はアルカリ単純温泉。神経痛、美肌、胃腸病などに効果があるとされる。1954年開湯の比較的新しい温泉地。地域団体商標

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池温泉
きくちおんせん

熊本県北部の菊池市にある温泉。市街地の北東端に位置し、城山を背に、北に八方ヶ岳(やほうがたけ)、東に阿蘇(あそ)外輪山を望む。泉質はアルカリ泉質の単純温泉。開発が1954年(昭和29)と新しいので、湯治場的おもかげはなく、菊池阿蘇有料道路の開通によって、阿蘇観光の中継地の役割も果たしている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池温泉の関連キーワード熊本県菊池市今熊本県菊池市小木熊本県菊池市木野熊本県菊池市木庭泗水〈町〉熊本県菊池市長田熊本県菊池市原熊本県菊池市藤田熊本県菊池市隈府熊本県菊池市亘

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊池温泉の関連情報