コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池長良 きくち ながよし

1件 の用語解説(菊池長良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池長良 きくち-ながよし

1786-1872 江戸時代後期の和算家。
天明6年2月25日生まれ。陸奥(むつ)磐井(いわい)郡(岩手県)の仙台藩領薄衣(うすぎぬ)村の人。一関(いちのせき)の千葉胤秀(たねひで)にまなぶ。46歳で江戸に出,長谷川寛,山路諧孝(ゆきたか)に師事し,日本橋馬喰(ばくろう)町で塾をひらく。門人金子昌良編集の「算法整数起源抄」など,おおくの著述がある。明治5年2月6日死去。87歳。字(あざな)は錦衣。通称は宇多之丞。号は東雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池長良の関連キーワード田沼時代ベニョフスキー徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦中村富十郎林爽文の乱郷士富岡製糸場竹本長十郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone