コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊谷栄 きくや さかえ

1件 の用語解説(菊谷栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊谷栄 きくや-さかえ

1901-1937 昭和時代前期の劇作家,演出家。
明治34年生まれ。昭和5年浅草新カジノフォーリー舞台装置を担当。7年エノケン(榎本健一)一座の文芸部員となり話題作を発表,歌うエノケンの魅力をひきだした。昭和12年11月10日中国で戦死。37歳。青森県出身。日大卒。本名は栄蔵。作品に「日本の与太者」「民謡六大学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の菊谷栄の言及

【軽演劇】より

…その後〈ムーラン〉は,さらに作家として中江良夫,金貝省三,小沢不二夫ら,俳優として左卜全(1894‐1971),明日待子,小柳ナナ子,有島一郎,千石規子らの俳優を育てた。かたや〈ピエル・ブリアント〉では,菊谷栄,サトウ・ハチロー(1903‐73),和田五雄らが喜劇を書き,俳優陣に柳田貞一,武智豊子(〈ムーラン〉から移籍)らがいた。 一方,31年に日本にも登場した本格的トーキーによって,サイレント映画の弁士が失職。…

※「菊谷栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊谷栄の関連キーワード水谷竹紫額田六福落合浪雄岸田辰弥木村富子瀬戸英一(初代)津村京村中内蝶二中村正常三宅由岐子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊谷栄の関連情報