コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊谷栄 きくや さかえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊谷栄 きくや-さかえ

1901-1937 昭和時代前期の劇作家,演出家。
明治34年生まれ。昭和5年浅草新カジノフォーリーの舞台装置を担当。7年エノケン(榎本健一)一座の文芸部員となり話題作を発表,歌うエノケンの魅力をひきだした。昭和12年11月10日中国で戦死。37歳。青森県出身。日大卒。本名は栄蔵。作品に「日本の与太者」「民謡六大学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菊谷栄の言及

【軽演劇】より

…その後〈ムーラン〉は,さらに作家として中江良夫,金貝省三,小沢不二夫ら,俳優として左卜全(1894‐1971),明日待子,小柳ナナ子,有島一郎,千石規子らの俳優を育てた。かたや〈ピエル・ブリアント〉では,菊谷栄,サトウ・ハチロー(1903‐73),和田五雄らが喜劇を書き,俳優陣に柳田貞一,武智豊子(〈ムーラン〉から移籍)らがいた。 一方,31年に日本にも登場した本格的トーキーによって,サイレント映画の弁士が失職。…

※「菊谷栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊谷栄の関連キーワードエノケンと最後の伝令演出家劇作家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊谷栄の関連情報