与太者(読み)よたもの

精選版 日本国語大辞典の解説

よた‐もの【与太者】

〘名〙 (「よたもん」とも)
① 知恵の足りない者。役に立たない者。愚か者。うすのろ。ばか。よた。
※滑稽本・旧観帖(1805‐09)初「ありゃあなあ、よたものだ、おかんにんなされなあ」
② 素行不良の若者。ならず者。遊び人。よた。大正頃多く「よたもん」といわれ、昭和にはいっては「よた公(こう)」ともいわれた。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※挿話(1948)〈加藤道夫〉「元来、ありゃ与太者かやくざ風情のやるこってすよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よた‐もの【与太者】

正業を持たないならず者。やくざ者。
役に立たない愚か。うすのろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android