菖蒲革(読み)ショウブガワ

デジタル大辞泉の解説

しょうぶ‐がわ〔シヤウブがは〕【××蒲革】

《「しょうぶかわ」とも》
型染めの藍革の一。地を藍で染め、ショウブの葉や花の文様を白く染め抜いたシカなめし革。「菖蒲」の音が「尚武」に通じるところから、多く武具に用いた。
1に似せて染めた布地。下級武士の袴地(はかまじ)などに用いた。
江戸時代、足軽見付番・若党などのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぶがわ【菖蒲革】

〔「しょうぶかわ」とも〕
染め革の一。藍地あいじに、菖蒲の花と葉を白く染めた鹿のなめし革。多く武具に用いられた。のちには小紋染めの革の総称。
の模様を染めた布。足軽の袴地などに用いた。また、足軽のこと。 「御門番の-にお薬をかつて/洒落本・南客先生文集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android