コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見付 みつけ

4件 の用語解説(見付の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見付
みつけ

静岡県南西部,磐田市の中心市街地の1つ。磐田原台地の南端の東海道沿いに町並みが連なっている。東海道の宿場町として発達した町並みの南側は,古代に今ノ浦と呼ばれた湿地帯である。西方の台地に遠江国分寺跡 (特別史跡) ,町並みの中央付近に国府の跡が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

み‐つけ【見付/見附】

枡形(ますがた)をもつ城門の外側に面する部分。見張りの番兵を置いた。俗に江戸城には36見付があったといわれ、現在は四谷見付・赤坂見付などが呼称として残る。
建築で、部材の正面。また、その幅。主に仕上げ材・化粧材についていう。みつき。
すぐ向こうに見える所。すぐ目につく所。みつき。
「あの―の松でござる」〈狂言記・富士松〉

みつけ【見付/見附】[静岡県の地名]

静岡県南西部、磐田(いわた)市の地名。東海道五十三次の宿駅として発展。住宅地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

見付【みつけ】

(1)番兵の見張る所,転じて城門の意。江戸城には内郭,外郭に合計36門あって三十六見付と呼び,譜代大名の家臣が警備した。四谷見付,赤坂見付,牛込見付など。(2)建築用語で,おもに枠,(かまち)などの部材の正面の幅をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見付の関連情報