コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見付 みつけ

4件 の用語解説(見付の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見付
みつけ

静岡県南西部,磐田市の中心市街地の1つ。磐田原台地の南端の東海道沿いに町並みが連なっている。東海道の宿場町として発達した町並みの南側は,古代に今ノ浦と呼ばれた湿地帯である。西方の台地に遠江国分寺跡 (特別史跡) ,町並みの中央付近に国府の跡が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

み‐つけ【見付/見附】

枡形(ますがた)をもつ城門の外側に面する部分。見張りの番兵を置いた。俗に江戸城には36見付があったといわれ、現在は四谷見付・赤坂見付などが呼称として残る。
建築で、部材の正面。また、その幅。主に仕上げ材・化粧材についていう。みつき。
すぐ向こうに見える所。すぐ目につく所。みつき。
「あの―の松でござる」〈狂言記・富士松〉

みつけ【見付/見附】[静岡県の地名]

静岡県南西部、磐田(いわた)市の地名。東海道五十三次の宿駅として発展。住宅地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

見付【みつけ】

(1)番兵の見張る所,転じて城門の意。江戸城には内郭,外郭に合計36門あって三十六見付と呼び,譜代大名の家臣が警備した。四谷見付,赤坂見付,牛込見付など。(2)建築用語で,おもに枠,(かまち)などの部材の正面の幅をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

見付の関連キーワード枡形・升形・斗形枡形本枡形門斗形広庇枡形黄金門神奈川県川崎市多摩区枡形甕城升形(桝形)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見付の関連情報