(読み)スミレ

デジタル大辞泉の解説

すみれ【×菫】


㋐スミレ属の多年草。山野の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。地上茎はない。葉は長い三角形。春、花柄を出し、濃紫色の花を横向きに開く。名は、花の形が墨入れ(墨壺(すみつぼ))に似ているところからという。すもうとりぐさ。 春》「―程な小さき人に生れたし/漱石
㋑スミレ科スミレ属の植物の総称。世界に約400種、日本には55種が知られる。地上茎のあるタチツボスミレ・ニョイスミレ、地上茎のないエイザンスミレなど。
すみれ色」の略。
襲(かさね)の色目の名。表は紫、裏は薄紫。
[補説]作品名別項。→すみれ

すみれ[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Das Veilchenモーツァルトの歌曲。1785年作曲。歌詞はゲーテの詩に基づく。
《原題、〈イタリア〉Le Violetteアレサンドロ=スカルラッティのイタリア語によるオペラ「ピッロとデメートリオ」の劇中で歌われる有名なアリア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみれ【菫】

〔花が「墨入れ(墨壺)」に似ているのでいう〕
スミレ科スミレ属の植物の総称。山野や道端に自生。葉は柄が長く、披針形・三角状披針形または卵状心臓形。花は五弁花で唇弁に距があり、紫・白・黄など。ツボスミレ・キスミレ・アカネスミレなど、日本には約50種ある。相撲取花すもうとりばな。相撲取草。
スミレ科の多年草。葉は三角状披針形で先端は丸い。春、葉間から高さ10センチメートル 内外の花柄を出し、濃紫色の花をつける。 [季] 春。
かさねの色目の名。表は紫、裏は薄色。2・3月着用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菫 (スミレ)

学名:Viola mandshurica
植物。スミレ科の無茎性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菫の関連情報