コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレ

デジタル大辞泉の解説

すみれ【×菫】


㋐スミレ属の多年草。山野の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。地上茎はない。葉は長い三角形。春、花柄を出し、濃紫色の花を横向きに開く。名は、花の形が墨入れ(墨壺(すみつぼ))に似ているところからという。すもうとりぐさ。 春》「―程な小さき人に生れたし/漱石
㋑スミレ科スミレ属の植物の総称。世界に約400種、日本には55種が知られる。地上茎のあるタチツボスミレ・ニョイスミレ、地上茎のないエイザンスミレなど。
すみれ色」の略。
襲(かさね)の色目の名。表は紫、裏は薄紫。
[補説]作品名別項。→すみれ

すみれ[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Das Veilchenモーツァルトの歌曲。1785年作曲。歌詞はゲーテの詩に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみれ【菫】

〔花が「墨入れ(墨壺)」に似ているのでいう〕
スミレ科スミレ属の植物の総称。山野や道端に自生。葉は柄が長く、披針形・三角状披針形または卵状心臓形。花は五弁花で唇弁に距があり、紫・白・黄など。ツボスミレ・キスミレ・アカネスミレなど、日本には約50種ある。相撲取花すもうとりばな。相撲取草。
スミレ科の多年草。葉は三角状披針形で先端は丸い。春、葉間から高さ10センチメートル 内外の花柄を出し、濃紫色の花をつける。 [季] 春。
かさねの色目の名。表は紫、裏は薄色。2・3月着用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菫 (スミレ)

学名:Viola mandshurica
植物。スミレ科の無茎性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

菫の関連キーワード菫泥石(データノート)角閃石ホルンフェルス相菫青石(データノート)アンソフィリタイトコージェライトマデュカライ岩ムスコヴァド岩ホルンフェルスアヴィオロ岩セラミサイトケラミカイト菫青石安山岩アイオライトバイオレット菫青石花崗岩ソンダル岩耶律阿保機十時園四起ゼーベン岩閃光集合体

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菫の関連情報