コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華屋英曇 かおく えいどん

1件 の用語解説(華屋英曇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華屋英曇 かおく-えいどん

?-1532 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。備中(びっちゅう)(岡山県)華光寺の玄室守腋(しゅえき)に師事して,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,永正(えいしょう)12年(1515)守腋の命で伊予(いよ)(愛媛県)安楽寺の4世となった。天文(てんぶん)元年11月1日死去。備中出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

華屋英曇の関連キーワード法華一揆犬筑波集享禄天文ルイス・フロイスカハマルカガルガンチュワとパンタグリュエル漢水享禄君主論

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone