萩野昇(読み)はぎの のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩野昇 はぎの-のぼる

1915-1990 昭和時代の医師。
大正4年11月20日生まれ。富山県の萩野病院長。戦後,神通(じんずう)川流域で発生した奇病をイタイイタイ病と名づけ研究。昭和36年吉岡金市,小林純の協力で,三井金属鉱業神岡鉱業所から排出されたカドミウムによる公害病であることをつきとめた。平成2年6月26日死去。74歳。長崎県出身。金沢医大卒。著作に「イタイイタイ病との闘い」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萩野昇の関連情報