葉蝋石(読み)ようろうせき

百科事典マイペディア「葉蝋石」の解説

葉蝋石【ようろうせき】

パイロフィライトとも。蝋石の主要鉱物。組成はAl2Si4O1(/0)(OH2。おもに長石熱水変質で生じ結晶片岩中に多く産する。無色または白,黄,淡青色などで,緻密(ちみつ)でなめらか。単斜晶系または三斜晶系。へき開は完全で葉片状にはがれる。硬度1〜2,比重2.65〜2.90。耐火物,紙やゴムの充填(じゅうてん)材などに利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「葉蝋石」の解説

ようろう‐せき エフラフ‥【葉蝋石】

〘名〙 アルミニウムの含水珪酸塩鉱物の一種。蝋石の主成分で、印材、耐火物などに使われる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報