コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛野荘 かどののしょう

百科事典マイペディアの解説

葛野荘【かどののしょう】

丹波国氷上(ひかみ)郡にあり,《和名抄》記載の古代葛野郷を継承する皇室領荘園。兵庫県氷上町(現・丹波市)西部に展開した。1159年の宝荘厳(ほうしょうごん)院領荘園注文案(東寺百合文書)に葛野牧とみえ,冷泉朝隆が領家鳥羽上皇御願寺の宝荘厳院(現京都市左京区)を本家とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かどののしょう【葛野荘】

丹波国氷上郡葛野郷(現,兵庫県氷上郡氷上町葛野)にあった葛野牧が荘園化したもので,1159年(平治1)の宝荘厳院領荘園注文によると,本家は宝荘厳院,領家は冷泉中納言朝隆で,本家年貢として米100石,油1石1斗が納められていた。南北朝期,領家職は室町准后から保安寺へと伝えられたが,1337年(延元2∥建武4)以降領家が本家年貢の納入を怠ったため,本家宝荘厳院との間に長期にわたる相論が起こっている。本家側は下地の中分を提案したが領家側の受け入れるところとならず,結局1386年(元中3∥至徳3)領家が本家に対し5貫文を毎年進納するということで和議が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛野荘の関連キーワード荘園(日本)石清水八幡宮後醍醐天皇皇室領荘園仁和寺東寺

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android