葵下坂(読み)アオイシモサカ

デジタル大辞泉の解説

あおい‐しもさか〔あふひ‐〕【×葵下坂】

越前福井の刀工下坂市之丞康継が製作した刀剣をいう。初代康継は徳川家の御用鍛冶職となり、刀の中子(なかご)の部分に葵紋を切ることを許されたのでこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおいしもさか【葵下坂】

越前の刀工下坂市之丞(康継)およびその子孫の鍛えた刀。徳川家康から「康」の字を賜り、刀に葵の紋を刻むことを許されたことからいう。青江下坂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あおい‐しもさか あふひ‥【葵下坂】

〘名〙 越前国(福井県)福井の刀工、下坂市之丞康継及びその一門の鍛えた刀剣。康継が、慶長八年(一六〇三)、徳川家康よりその作った刀に葵の紋を切ることを許され、康の一字を拝領したのでこの名がある。日本の刀剣に南蛮鉄を用いたのは、この康継を最初とするという。
※浄瑠璃・義経新含状(1744)三「あをい下坂、百三十二文で買たけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android