葵鬘(読み)アオイカズラ

デジタル大辞泉の解説

あおい‐かずら〔あふひかづら〕【××鬘】

賀茂(かも)の祭に参列する諸役人の冠・烏帽子(えぼし)に挿し、また牛車(ぎっしゃ)のすだれなどにも掛けた飾り。葵(フタバアオイ)の葉と桂(かつら)の枝を組み合わせたものを諸鬘(もろかずら)、葵だけのものを片鬘(かたかずら)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおいかずら【葵鬘】

京都の賀茂神社の祭りに用いる飾り。賀茂神社の神紋であるフタバアオイの葉を、冠や烏帽子えぼし・牛車ぎつしや・社前などに掛けて物忌みの印としたもの。また、祭神、賀茂別雷命かもわけいかずちのみことにちなんで、雷除けのまじないともされた。葵桂。 [季] 夏。 → 諸鬘もろかずら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android