コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古連合自治政府 もうこれんごうじちせいふ Měng gǔ lián hé zì zhì zhèng fǔ

1件 の用語解説(蒙古連合自治政府の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もうこれんごうじちせいふ【蒙古連合自治政府 Měng gǔ lián hé zì zhì zhèng fǔ】

1939年,内モンゴル西部に成立した日本の傀儡(かいらい)政権。蒙疆(もうきよう)連合自治政府ともいう。中華民国成立以降,内モンゴルでは王公・青年層による自治運動が盛んになったが,1930年代に始まった日本の中国東北地区への侵略,蔣介石政権の弱体化とともに,大きな転換点にさしかかる。こうしたなかでシリン・ゴール(錫林郭勒)盟スニット右旗の王公デムチュックドンロブ(徳王)が自治運動の指導者として登場,内モンゴル西部地区を糾合し,蔣介石政権に高度自治を要求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒙古連合自治政府の関連キーワードコブド徳王モンゴル語モンゴル帝国モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区綏遠達延汗蒙古

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒙古連合自治政府の関連情報