蒼蒼(読み)ソウソウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐そう〔サウサウ〕【××蒼】

[ト・タル][文][形動タリ]
あおあおとしているさま。また、あおみを帯びているさま。「蒼蒼たる大空」
「顔色―として土の如し」〈織田訳・花柳春話
草木があおあおと茂っているさま。「蒼蒼たる夏草の茂み」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうそう【蒼蒼】

( トタル ) [文] 形動タリ 
空・海などが青いさま。草木が茂っているさま。 「水天一色-として涯涘かぎりなく/浮城物語 竜渓
薄暗いさま。 「群山-として暮れむとす/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐そう サウサウ【蒼蒼】

〘形動タリ〙
① あおあおとしたさま。まっさおなさま。また、天のあおいさま。
※三教指帰(797頃)中「上則跨蒼、而翺翔」
※平家(13C前)三「凡そ天心は蒼々としてはかりがたし」 〔荘子‐逍遙遊〕
② 草木があおあおと茂るさま。
※文華秀麗集(818)下・得澗底松〈嵯峨天皇〉「高声寂寂寒炎節、古色蒼蒼暗夕陽」 〔詩経‐秦風・蒹葭〕
③ 月の色の青白いさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・八月十五夜翫月〈藤原忠通〉「三五之天雲尽去。佳賓言志望蒼々」 〔史記‐天官書〕
④ 髪の毛の白くなりはじめたさま。老いたさま。
※性霊集‐六(835頃)天長皇帝為故中務卿親王講法花経願文一首「不分々々。何蒼々。忍剰无情。何奪我鍾愛」 〔白居易‐新楽府・売炭翁〕
⑤ うす暗いさま。
※詩聖堂詩集‐二編(1828)六・登築波山「夕陽山上望方奇、人界蒼蒼欲暮時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android