(読み)そう

精選版 日本国語大辞典の解説

そう サウ【蒼】

〘名〙 (形動タリ)
① 深い青色。緑がかった青い色。また、そのような色であるさま。
※菅家後集(903頃)五言自詠「万事皆如夢、時時仰彼蒼
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六三「顔色蒼として青く朱唇変じて白唇となり」
② 頭髪の白いさま。しらがであるさま。
※宕陰存稿(1867)三・送安井仲平東游序「齢垂五十、俛焉刻厲、不頭之将一レ蒼。此豈今世之士哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう【蒼】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]あお あおい
あお。あおい。「蒼海蒼蒼蒼天
あおざめて生気がない。色つやがない。「蒼古蒼白古色蒼然
草木が茂るさま。「蒼蒼鬱蒼(うっそう)
おおぜい。「蒼生蒼氓(そうぼう)
あわてふためくさま。「蒼惶(そうこう)
[名のり]しげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android