蓑亀(読み)ミノガメ

大辞林 第三版の解説

みのがめ【蓑亀】

甲羅に藻などが付着し、蓑をつけたように見える亀。淡水産のイシガメやクサガメに緑藻がからみついたもの。海亀にも海草がつく現象がみられる。古くは緑毛亀・青毛亀・緑衣使者などといった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓑亀
みのがめ

爬虫(はちゅう)綱カメ目ヌマガメ科に属する日本産ニホンイシガメMauremys japonicaの老熟個体のうち、背甲に藻が付着したものの呼び名。藻はアオミドロなどの緑藻が多く、年月を経ると繁茂してなびくため、古来長寿の証(あかし)として珍重され、瑞祥(ずいしょう)(めでたいしるし)とされた。亀紋(きもん)のうち有毛のものは蓑亀がモデルである。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みの‐がめ【蓑亀】

〘名〙
① 背中にカメジュズモなどの緑藻類が着生して蓑をはおったように見えるカメ。淡水産のイシガメに多いが、海産の種にも見られる。古来、長寿の印などとしてめでたいものとされる。絵や細工物(さいくもの)にされる。
信長記(1622)一上くるぶしもぬれぬ小川のみの亀に和泉は命とられぬるかな」
② 「あおうみがめ(青海亀)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android