蓑庵(読み)さあん

日本大百科全書(ニッポニカ)「蓑庵」の解説

蓑庵
さあん

大坂の富豪鴻池了瑛(こうのいけりょうえい)が京都大徳寺塔頭(たっちゅう)玉林院に造立した牌堂(はいどう)南明庵の西に付属する茶室で、1742年(寛保2)に落成した。南明庵の東に付属する霞床席(かすみどこのせき)と連係し、茶事の形式に基づいて仏事を営むことができる施設としてくふうされている。内部は三畳中板入り、中板のところに炉を上げ台目切(だいめぎり)に切り、中柱を立てている。中柱は強い湾曲を示し、また3段に構成された天井の交点から外れているので、その繊細さが目だち、室内に瀟洒(しょうしゃ)な雰囲気を醸し出している。一方、窓は少なく、利休流の伝統的な求道性も保持されている。国指定重要文化財。

中村昌生

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「蓑庵」の解説

さ‐あん【蓑庵】

名茶室の一つ。京都の大徳寺玉林院にある。江戸中期の寛保二年(一七四二)、関西の豪商鴻池了瑛(こうのいけりょうえい)が玉林院に南明庵という位牌堂の西側に造築した三畳中板入りの草庵の茶室。表千家七世如心斎宗左の好みに成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓑庵」の解説

さ‐あん【蓑庵】

京都の大徳寺玉林院にある茶室。江戸中期、寛保2年(1742)に大坂の豪商鴻池了瑛こうのいけりょうえいが造立。三畳中板入りの草庵で、表千家7世如心斎宗左の好みによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蓑庵の言及

【茶室】より

…庭玉軒(同真珠庵)は金森宗和好みと伝えられ,露地の中潜(なかくぐ)りを茶室に引き寄せ,潜りのなかの内露地を圧縮して屋内化しているのが特色である。蓑庵(さあん)(同玉林院)は大坂の富豪鴻池了瑛が造営した牌堂南明庵に付属する茶室で,江戸時代中期の町衆の好みを反映している。恵観山荘(鎌倉市,宗偏流山田家)は一条恵観が西賀茂に営んでいた茶室で,江戸時代初期の貴族好みを代表する。…

※「蓑庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android