蓑笠・簑笠(読み)さりつ

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐りつ【蓑笠・簑笠】

〘名〙 (「りつ」は「笠」の慣用音) みのとかさ。雨雪をしのぐために、をまとい、笠をかぶること。さりゅう。
※了幻集(1392頃)釣月軒「底事風前簑笠翁。夜深酔入蘆花雪」 〔柳宗元‐江雪詩〕

さ‐りゅう ‥リフ【蓑笠・簑笠】

※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉出発の軍隊(日清戦争)「私は一簑笠(サリフ)、一草鞋で、浜街道を水戸から仙台の方へと行った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android