コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬田[村] よもぎた

世界大百科事典 第2版の解説

よもぎた【蓬田[村]】

青森県北西部,東津軽郡の村。人口3786(1995)。津軽半島東岸,陸奥湾に面し,西部は半島の脊梁をなす津軽山地の東斜面にあたる。南は青森市に接し,海岸に沿って国道280号線(旧仙台・松前道)とJR津軽線が通じ,集落の大部分は国道沿いに発達する。蓬田川,広瀬川の下流域には水田が開け,上磯地方(津軽半島東岸)の穀倉地帯となっているが,〈やませ〉と呼ばれる夏の冷湿な偏東風のため冷害に襲われることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蓬田[村]の関連キーワードウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンス東京マラソン風疹人口10万人あたりの医師数自治体職員による被災地支援

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android