蓬莱羊歯(読み)ほうらいしだ

精選版 日本国語大辞典「蓬莱羊歯」の解説

ほうらい‐しだ【蓬莱羊歯】

〘名〙 シダ類ウラボシ科の常緑多年草。伊豆七島四国、九州の湿ったに生える。高さは三〇センチメートルほど。根茎は短くはう。葉柄はもろい針金状、葉は長卵形、上部で一回、下部で二回羽状にわかれ羽片イチョウの葉形。胞子嚢群は羽片の上側の縁につく。和名台湾に多く自生するため、台湾の異称蓬莱による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓬莱羊歯」の解説

ほうらい‐しだ【××莱羊歯】

ホウライシダ科の常緑シダ。高さ20~30センチ。葉柄はつやのある黒褐色。葉は羽状に細かく分かれ、羽片はゆがんだ扇形で、先端胞子嚢ほうしのう群がつく。亜熱帯から熱帯に広く分布。園芸用に栽培される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蓬莱羊歯」の解説

蓬莱羊歯 (ホウライシダ)

学名Adiantum capillus‐veneris
植物。イノモトソウ科の常緑多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android