コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔡鐸 さい たく

2件 の用語解説(蔡鐸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔡鐸 さい-たく

1645*-1725* 琉球の歴史家。
尚賢王4年12月8日生まれ。蔡温(さい-おん)の父。那覇(なは)久米村の蔡家の養子。留学,進貢のために数回清(しん)(中国)にわたり,久米村の最高責任者総理唐栄司となる。琉球の外交文書集「歴代宝案」を編集し,琉球王国正史「中山(ちゅうざん)世鑑」の漢訳本「中山世譜」を完成させた。志多伯親方(うぇーかた)と称した。尚敬王12年12月16日死去。81歳。首里出身。本姓は金城(かなぐすく)。字(あざな)は天将。号は声亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蔡鐸

没年:尚敬12.12.16(1725.1.29)
生年:尚賢4.12.8(1645.1.5)
近世琉球の久米村(現在の那覇市久米にあった中国系住人の集落)役人。学者・文人としても著名。位は紫金大夫,官は総理唐栄司に昇る。東風平間切(東風平町)志多伯地頭となり志多伯親方と称す。3度中国に渡っているが,最初は勉学のため,2度目の尚貞14(1682)年は通事,同20年は進貢正議大夫であった。3度目には,進貢船の規定の乗員数を150人から200人に増やすことを上奏して免許を得ている。同17年には孔子廟の制を整えた。同24年久米村の最高職である総理唐栄司となり,22年間同職にあって,久米村の近世的発展に力を尽くした。また琉球の外交文書集『歴代宝案』や正史『中山世譜』の編集に当たったほか,漢詩集「観光堂遊草」を残している。子に三司官となった蔡温がいる。

(田名真之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蔡鐸の言及

【中山世譜】より

…歴代国王の治世を記した琉球の史書。1701年蔡鐸(さいたく)らによって編集された後(蔡鐸本),1724年その子蔡温により大幅な改訂が加えられ,その後も史官の手で書きつがれた(蔡温本)。正巻14,付巻7よりなる。…

※「蔡鐸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蔡鐸の関連キーワード久米島久米部久米寺琉球紬久米島紬久米の佐良山久米島の久米仙久米仙球美

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone